top of page
  • 執筆者の写真ビジネスセンター きのくに未来

不安と戦うコツ

こんにちは!今日のお話は、お客様からいただいたお電話の内容についてです。

ご相談内容としては、

新規事業に想定していたよりも資金が必要になりそうなんです。もう当初の倍以上に予算が膨れ上がっている感じです。どうしたものでしょうか?

というものです。

そうですよね。倍ということは、例えば「5千万円で事業をスタートしようと思っていたのが、1億円を超えてくるようになった」というような状態なわけです。

「借入はできるかな」

「返済はしていけるかな」

「これまでとは全く別分野の新規事業だし、上手くいくかな?」

いろいろと逡巡することはあると思います。不安にもなります。


では、そういう心配な気持ちは一旦、横において一緒に考えてみましょう。


(実は、私は為替トレーダーをしていたことがあり、不安とはいつも隣り合わせの職業だったので、いろんな教訓を身をもって体験しました。一番大きいのは「不安は何も事態の解決を生まない」です。むしろ、判断を鈍らせることにつながるので、私は不安には「ピタッ」と蓋をして、「できることを考える」ことが習慣になってしまっています。)



ロジカルに考えてみましょう。

「なぜ増えたのか?」 「別の方法で減らすことはできないのか?」

その結論に納得がいったのなら、次は、

「増えた時の資金の段取りはできるのか?」

そして、

「増えたとしても、やっていけるのか(利益、資金ぐり)?」

「やる価値のあることなのか(増えた分の価値を生み出すことができるのか)?」

と考えを広げていきます。


これは、頭の中で何をしているのでしょうか?

そうです、目標、スケジュール、ToDo…、つまり、計画を練り直しているのですね。


しかし、そもそも比較対象となる「予算」を立てていたから、倍に膨れ上がったことがわかったわけです。だから、危険信号のアラームがついたわけです。


私は、お話を聞いて「次のステージ(規模アップ)に入った」と思いました。

私も精一杯サポートさせていただきますので、がんばっていきましょう!



閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page